レーザー照射時のエネルギーによって出来てしまった色素沈着に対しても、ハイドロキノンは効果を発揮します。

ハイドロキノンについての情報サイトです。効果や副作用をはじめとして、その使用方法についても解説しています。

TOPページ > ハイドロキノンの有効性 > レーザー治療跡の場合

レーザー治療跡の場合

レーザー治療で出来てしまった色素沈着にも効果あり?

レーザー治療を行うと、場合によってはレーザー照射時のエネルギーによって色素沈着を起こすことがあります。

レーザー治療にも様々な方法がありますが、ハイドロキノンはそれら色素沈着に対しても効果を発揮します。

YAGレーザー治療

YAGレーザー治療は、主にシミやホクロ治療において使用され、メラニン色素に反応するYAGレーザーで照射する方法です。
最近は、照射時間を短くして皮膚へのダメージを抑えるスイッチタイプが主流になっているようですが、それでも色素沈着を起こす可能性がなくなったわけではありません。

フラクショナルレーザー治療

フラクショナルレーザー治療は、レーザーによって皮膚に穴をあけ、皮膚の治癒力によって細胞の再生を促すことにより、新しい皮膚との入れ替えを行う方法です。

スムースビームレーザー治療

スムースビームレーザー治療は、皮膚に熱エネルギーを与えてコラーゲン生成などを促す方法で、ニキビ治療や毛穴治療などにも用いられます。

CO2レーザー治療

CO2レーザー治療は、主にホクロやイボ、傷跡治療に対して使用され、レーザーの力で皮膚表面を直接削る方法です。


ほかにも、マイクロスパイク(極細の針が付いたローラー)を皮膚の上で転がして穴をあけ、自然治癒力によって皮膚の再生を促していくダーマローラー治療法などがあります。

これは、レーザー治療に比べると色素沈着が起こりにくいといわれていますが、力を入れすぎたり、長い針を使用したりして刺激が強くなった場合などには、色素沈着を起こす可能性があります。

レーザーで美白

ハイドロキノン配合商品 人気No.1

安定型だから酸化に強い!アンプルール

ラグジュアリーホワイト HQトライアルキット

美肌化粧品ブランド「アンプルール」のラグジュアリーホワイトシリーズは、酸化に強い安定型ハイドロキノン配合なので、副作用の心配がないので安心です
まずはトライアルキットで、肌との相性を試してみましょう!